運転免許の費用・内訳って?知っておきたい3つの節約方法

運転免許の費用・内訳って?知っておきたい3つの節約方法

運転免許を取得するときの費用相場は、29~35万円ほどです。その金額は、地域や教習所、そして季節によって変わってきます。ここでは、できるだけ安くしたいと考えている方に向けて、安く免許取得するための3つの方法をお伝えします。

運転免許にかかる費用と内訳とは

冒頭でもお伝えしましたが、運転免許の取得にかかる費用は29~35万円ほどが相場となっています。高額になりますので、節約できるところは節約したいですよね。 どこに、どのくらいの金額がかかっているのか知ることによって、節約できるところが見えてくるでしょう。 そのため、以下には費用の内訳について「全体的かかる費用」と「学科、技能に関する費用」に分けて目安の金額を紹介していきます。

【全体費用】
■入所料金:2~10万円
入学費用です。キャンペーンなどで無料や割引になるケースもあります。
■写真代:1,000〜2,000円程度
写真は教習所内で教習簿を作るときや、仮免のときに必要になります。
■適性検査料:2,700円程度
教習に入る前に行う基本的な身体能力の検査費用です。色覚、視力、聴力といった能力を検査します。
■仮免許発行費用:1,100~3,000円
路上教習に出るために必要な仮免許を交付するときにかかります。
■卒業証明書料:5,500円程度
教習所を卒業したという証明書を交付するときにかかる費用です。

【学科費用】
■教本代:3,500~5,000円程度
学科で使用する教科書などです。基本的にはどこの教習所でも同程度の金額となります。
■学科料金:5~10万円程度
学科教習の授業料です。
■効果測定料金:教習所による
学科模擬試験です。合格したら、技能試験の修了検定を申し込みます。この料金は無料のところもあれば、再受験にお金がかかるところ、1回目もお金がかかるところなど、教習所によって大きく異なります。
■仮免許学科試験受験手数料:1,700円
■仮免許証交付手数料:1,150円
仮免許を取得するための学科試験にかかる費用です。

【技能費用】
■技能教習料:1時限につき4,500円程度。
MT車の場合は全部で34時間、ATの場合は全部で31時間の技能教習があります。
■修了検定:6,000円程度
修了検定とは、教習所内で行われる、仮免許取得のための技能試験のこと。受験にかかる費用となります。
■卒業検定:6,000~8,000円程度
卒業検定とは、自動車教習所を卒業するために受ける最終技能試験のこと。この試験にかかる費用です。

免許取得の費用を節約する3つのポイント

ポイント1:閑散期を狙う
教習所は年間を通して同じ費用ではありません。繁忙期の2~3月、8~9月などでは、料金が高くなったりキャンペーンが少なくなったりすることがあります。その一方、閑散期の5~7月中旬、9月下旬~12月中旬には割引やキャンペーンなども多く、お得な時期です。

ポイント2:AT限定にする
AT免許とMT免許では、教習所での時間数や料金が異なります。実際に異なるのは、教習所場内技能教習の時間と料金です。
AT限定……28~32万円程度/31時間
MT免許……30~35万円程度/34時間
1.5~2万円程度、AT限定が安くなります。MTに乗る予定がないという場合にはAT限定も選択肢に入れてよいかもしれません。

ポイント3:合宿免許を利用する
合宿免許にかかる平均費用は以下の通りです。
AT限定……20~25万円程度
MT免許……23~28万円程度
通学と比べると、5~6万円ほど安くなります。これは平均費用ですので、閑散期を狙ったり、AT限定にしたりするなど、うまく組み合わせることで、免許取得にかかる費用を大幅に抑えることができます。うまく組み合わせることができれば、教習所に通う方法より10万円以上安くなる場合もあります。

合宿免許にご興味のある方はこちらの「合宿免許をこだわりから検索」から、教習所・プランを決めていきましょう。

PAGE TOP