毎月2万円でいいの?! 運転免許ローンを使って合宿免許に申し込む方法

毎月2万円でいいの?! ローンを使って合宿免許に申し込む方法

免許を取りに教習所に行きたいけれども、お金がなくて断念している人も少なくないようです。お金を貯めてから免許を取りに行くのも一つの方法ですが、そんなときはローンを利用することも考えてみましょう。
計画的にローンを使えば、毎月2万円の支払いで免許を取得することもできます。

運転免許ローンの種類

運転免許ローンには、いくつもの種類があります。
教習所が信販会社などと提携しているローンもありますし、銀行・信販会社が展開する運転免許を取得するための費用を対象としたローンや、消費者金融のフリーローンも利用できます。

運転免許用のローンは免許を取得する費用にしか使えませんが、フリーローンならば借りたお金を自由に使えます。また、運転免許ローンに比べると審査が易しく、スピーディに手続きを行えますが、金利が高めになることも。反対に、銀行などの運転免許ローンは低金利ですが、審査が厳しめになっています。

他にも、通常のクレジットカードでお金を借りて、毎月決まった金額を返済するリボ払い、ボーナスでの一括払い、繰り上げ返済なども利用可能です。
ただし、同じローンでも、お申し込みの仕方・審査基準・利息・返済方法などが会社によって違いますので、利用する前に内容を十分に確認しなくてはなりません。

高校生でも安心! ローンの分割払いで合宿免許申し込み

ローンは社会人が利用するものと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。大学生や専門学校生でも利用できますし、時期によっては高校生でも保証人なしで申し込めます。

長い期間をかけて少しずつ返済するようにすれば、毎月の返済額を携帯電話料金程度まで下げられるので、学生のアルバイトの収入でも無理なく返済することが可能です。時間がかかるぶん利息は増えますが、ローンを返済するために一生懸命にアルバイトする必要はなくなります。

高校生時代にアルバイトをしていなくても、大学生になってからアルバイトを始めたお金で返済することもできますし、就職する予定の人であれば社会人になってからの給料で返済することも可能です。

このように、手元にお金がない高校生でもすぐに教習所に通って免許を取得できるのが、運転免許ローンの魅力です。無理にお金を借りなければトラブルが起こることもないので、しっかりと返済計画を考えましょう。

お申し込みの条件は?

ローンの種類によって申し込み条件は異なりますが、18歳以上であれば申し込めるローンがほとんどです。連帯保証人や印鑑が不要で申し込めるローンも多いので、簡単な手続きだけで免許を取得する費用が借りられます。

もちろん、親権者の同意や審査に通る必要はありますが、たくさんの学生さんが運転免許ローンを利用して、免許を取得しています。

お支払いの一例

運転免許ローンとして20万円を利用した場合の返済額をシミュレーションしてみましょう。
利息年率13.86%の6回払いでの返済を選ぶ場合、月3万5,000円程度の支払いになります。
利息年率14.73%の12回払いを選ぶと、月1万8,000円程度に。
このように、借りた金額が同じでも返済する期間や回数が違えば、1ヶ月の返済額などが大きく変わります。

返済回数は何種類も用意されていますので、無理なく返済できる方法を選ぶのが重要です。
ローン会社では、WEBサイト上に具体的な返済方法が分かるシミュレーションを用意していることが多いので、利用する前に何度も試して、最も返済しやすい方法を検討してください。

お申し込みの手順

お申し込み用紙を依頼して手元に届きましたら、必要事項を記入してFAXや郵送などでローン会社に送ると、内容の確認と審査が行われます。未成年者などが申し込む際は、親権者や世帯主に同意確認の連絡が行くこともありますので、事前に説明して了承を得ておくようにしましょう。

審査の結果、何も問題がない場合はお金を振り込む金融機関名や口座番号などを記入するための依頼書が来ます。記入や捺印をして返送すれば、手続きが完了してお金が振り込まれます。

運転免許ローンの審査について

運転免許ローンでの支払いを検討している場合、審査に通るか心配かもしれません。
運転免許ローンは一般的なローンと同じで、お金を借りる際には返済能力についての審査があります。

学生の方が運転免許ローンを申し込む場合、よく利用されるのは信販会社が提供している運転免許ローンとなります。
銀行の運転免許ローンは審査が厳しく、未成年や学生は利用できないケースがほとんどですが、信販会社の運転免許ローンは保護者の同意があれば審査が通る可能性があります。

20歳以上で安定した収入がある人には、銀行の運転免許ローンがおすすめです。
信販会社のローンよりも審査条件は厳しくなりますが、銀行の運転免許ローンは信販会社より低金利に設定されています。

運転免許ローンに頭金は必要?

運転免許ローンを組む場合、頭金が必要かどうか気になっている人もいるでしょう。
頭金が必要かどうかは、ローン会社によって異なります。

信販会社が取り扱っている運転免許ローンは、頭金が不要なものが多いです。そのため、まとまったお金がないという場合でも、ローンを申込むことができます。教習所の入校料も含め、ローン支払いにできるケースもありますので、申込時にまとまったお金がなくても心配はいりません。

ローンを組むときには、頭金が負担に感じるかもしれませんが、頭金を支払うことで、結果的に金利負担や毎月の返済額を少なくできるというメリットもあります。ローンを申し込む前には、頭金の有無のどちらの支払いが適しているか、よく返済シミュレーションを行っておきましょう。

ローンで合宿免許に申し込みたい学生に「秘策」あり

学生時代はお金のやりくりが大変な時期なので、ローンの返済は収入が安定している社会人になってからにしたいもの。そんなときに知っておくと便利なのが、ローンの返済の仕方やタイミングを工夫する方法です。

例えば、卒業を控えた12月に、合宿免許の申込みをした場合、ローンの支払い開始を翌年の6月を選ぶこともできます。その場合は、無事就職して6月になったときから、ローンの月払いがスタートします。そうすると、お金の少ない学生時代にローンの返済をせずに、社会人になってから、返済をスタートすることができます。

学生のうちはローンの返済は難しいので、免許は社会人になってからと考えている人は、この方法を使ってみてください。社会人になってから返済することに違いはありませんが、卒業するまでに免許を取得できて、車を運転できます。わずか数ヶ月の違いですが、自由な時間が多い学生のときに免許を取得した方が、時間を有効に使えます。

関連記事はこちら

  1. 自動車教習所のローン 利息はいくらかかるの?
  2. 高校3年生でも保証人不要!お手続き簡単なクレジットはこちら
  3. ご本人やご両親のクレジットカードで、教習料金が払える?!
  4. スマホやPCでクレジットのお申込みもラクラク!
PAGE TOP