免許合宿中の一時帰宅を使いこなして冬休みで免許を取ろう!

免許合宿中の一時帰宅を使いこなして冬休みで免許を取ろう!

冬休みはクリスマスやお正月といったイベントが盛りだくさんです。なかには、「気付いたらあっという間に休みが終わっていた」なんてことも……。
「免許が欲しい!」という学生のみなさんも、冬休みを満喫しながら、効率的に教習を受けたい、と思っているのではないでしょうか。
そこで、合宿免許の重要なシーズンでもある冬休みの活用方法を考えてみましょう。

冬休みを有効活用するなら合宿免許!

冬休みに合宿免許に行く魅力は、周辺地域のイベントにも参加できるという点にあります。
例えば、長崎県の共立自動車学校を選んだ人であれば、ハウステンボスのクリスマスイベントに参加することもできます。鳥取東部自動車学校であれば、有名な鳥取砂丘のイルミネーションを見に行くこともできるでしょう。
こういったイベントや観光を通して合宿に参加している仲間と交流を深めれば、より充実した時間を過ごすことができるでしょう。友達の輪を広げたい方にこそ、冬休みの合宿免許はお勧めかもしれませんね。
冬休みは短い期間にクリスマスとお正月という年間のメインイベントが重なる時期でもあります。
この時期は、あわただしく過ぎてしまうため、前もって計画を立てておくことが重要になります。他のコラムでも紹介しましたが、2月には申込み者が殺到し、予約が取りにくくなるため、遅くとも11~12月中までには申し込みをするように心がけましょう。

一時帰宅可能な合宿免許の魅力

このように冬休みの合宿免許は、教習所での楽しみが盛りだくさんになります。
しかし、年末のイベントには、どうしても自宅に戻りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時に使える方法として、「一時帰宅」という手段があります。
これは「一時帰宅ができる教習所 」で利用できる制度で、年末年始はもちろん、それ以外の日程でも、事前に帰宅日と再入校日を設定し予約しておくことで、一時的に帰宅できるような合宿のカリキュラムを組んでくれるサービスになります。
冬休みの合宿免許では、一時帰宅プランのある教習所が多く、クリスマスやお正月だけは地元でお祝いするなど、「良いとこ取り」の計画を立てることができます。

最近の合宿免許は、個人の希望に合わせて自由に予定を組み替えられるタイプのものが増えてきました(なかには一時帰宅の交通費を補助してくれる教習所もあります)
忙しい冬休みでも、時間を最大限活用して、イベントを満喫しながら合宿免許に参加する方法がないか検討してみましょう。

関連記事はこちら

  1. え!? 免許合宿中にスノボーができちゃう?
  2. 高校生でも免許は取れる? 知っておきたいポイント紹介
  3. 交通費2往復分支給!お得な一時帰宅プランがある教習所
  4. AT車13日~!スピーディーに免許を取りたい方はこちらをチェック
PAGE TOP