オーバーヒート

エンジンの熱を下げる冷却水の温度が上がり、エンジンを冷やせなくなってしまった状態を指します。
原因としては、冷却水が漏れていたり、高回転で負荷のかかる走行を続けたりといったことが挙げられます。
オーバーヒート状態になると水温計の温度が上がるか、もしくは高水温警告灯が点灯します。
この状態で走行を続けるとエンジントラブルを起こすため、水温計と高水温警告灯の異常に気づいたら走行を中止しましょう。

あ行の用語はこちら