高齢者講習

高齢化社会の中で増えている高齢者ドライバーに安全な運転をしてもらうための講習です。
交通ルールを再確認したり、指導員から運転指導を受けるなどの内容で、3時間で座学、実車、運転適性検査などを受けます。
対象は70歳から74歳の人で、更新期間満了6ヶ月前から更新期間満了日までに教習所で受講する必要があります。
75歳以上のドライバーになると、さらに講習予備検査というものが加わります。

か行の用語はこちら