車両通行帯

道路上で、白線や黄線により走行レーンが区分された道路部分を指します。
そのため、車両通行帯があるのは片側二車線以上の道路で、片側一車線の道路には存在しません。
車両通行帯がある道路では、道路交通法により車両の走行位置のルールが決められています。
原則として車両は、一番左にある第一通行帯を走らなければなりません。二車線以上ある道路では、原則左側に寄って走行する必要があります。

さ行の用語はこちら