クリープ現象

AT車では、エンジンがかかっていると、ギアがパーキング(P)やニュートラル(N)にある場合を除いて、アクセルを踏まなくても自然に車が前に進みます。
これをクリープ現象といい、このおかげで車はスムーズに発進でき、坂道でも後退せずに済みます。
一方でドライブ(D)状態でブレーキを踏んでいなければ勝手に前進してしまうので、踏切事故などの原因にもなっています。

か行の用語はこちら