準中型免許ってなに?合宿免許で準中型免許を取ろう

準中型免許ってなに?合宿免許で準中型免許を取ろう

準中型免許をご存知ですか。準中型免許は道路交通法に伴って平成29年3月より準中型免許が新設されたもので、新区分の免許となります。ここでは、そんな準中型免許について紹介します。

準中型免許とは?

準中型免許とは、道路交通法の一部改正に伴って平成29年3月12日に新設された新区分の免許のことです。従来の普通免許(普通自動車運転免許)と中型免許(中型自動車運転免許)の中間に位置する免許となります。 この免許を取得すれば、車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン未満の車を運転できます。つまり、普通自動車も運転できますし、配送などに使われるバン型小型トラックも運転できるようになるということです。

これまで普通免許で運転できるのは、車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満の車でした。改正後に普通免許を取得した方は、車両総重量3.5トン未満・最大積載量2トン未満の車のみ運転可能となります。

改正前に普通免許を取得した方の運転できる車の範囲は変わらない

すでに普通免許(普通自動車運転免許)を取得している方にとっては、「これまで運転できたものが運転不可になってしまうのでは……」と考える方もいますが、これまで通り運転できるのでご安心ください。平成29年3月12日以前に普通免許を取得したのであれば、限定付きの準中型免許とみなされます。 これまで通り、車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満であれば運転できます。それより前、平成19年6月1日までに普通免許を取得した方は、限定付き中型免許とみなされ、車両総重量8トン未満・最大積載量5トン未満まで運転可能です。

普通自動車免許や中型自動車免許との10個の違い

■取得可能年齢
普通免許   :18歳以上
準中型免許 :18歳以上
中型免許   :20歳以上

■必要所持免許
普通免許   :なし
準中型免許 :なし
中型免許   :普通免許または準中型免許

■運転経歴
普通免許   :なし
準中型免許 :なし
中型免許   :普通免許または準中型免許を取得して2年以上

■車両総重量
普通免許   :3.5トン未満
準中型免許 :7.5トン未満
中型免許   :11トン未満

■最大積載量
普通免許   :2トン未満
準中型免許 :4.5トン未満
中型免許   :6.5トン未満

■乗車定員
普通免許   :10人以下
準中型免許 :10人以下
中型免許   :29人以下

■運転可能な車両
普通免許   :ライトバン、ワゴン車、軽トラックなど。
準中型免許 :バン型小型トラック(いわゆる2トントラック)、平ボディ小型トラックなど。
中型免許   :バン型中型トラック(いわゆる4トントラック)など。

■最短教習期間(合宿免許)
普通免許   :MT15日間~、AT13日間~
準中型免許 :18日間~(所持免許なし/原付免許所持)
:8日間~(普通車AT免許所持)
:6日間~(普通車MT免許所持)
:3日間~(準中型5t限定MT免許所持)
中型免許   :6日間~(準中型5t限定MT免許所持)
:4日間~(中型8t限定MT免許所持)

■視力(眼鏡・コンタクトレンズ使用可)
普通免許        :両目0.7以上、かつ一眼0.3以上
準中型免許 :両目0.8以上、かつ一眼0.5以上
中型免許        :両目0.8以上、かつ一眼0.5以上

■深視力
普通免許        :不要
準中型免許 :三桿法(さんかんほう)の検査3回したものの平均誤差が2cm以内
中型免許    :三桿法(さんかんほう)の検査3回したものの平均誤差が2cm以内
※三桿法(さんかんほう)の検査とは奥行知覚の能力を測定するものです。

大型二輪(大型バイク)の免許にかかる期間や費用は?

準中型免許の3つのメリットとは?

メリット1:幅広い車を運転できる
免許所持なし、あるいは原付免許しか所持していない方が取得できる免許は、普通免許か準中型免許となります。また普通免許で運転できるのは車両総重量2トン未満・最大積載量3.5トン未満の車です。しかし、準中型免許であれば車両総重量7.5トン未満・最大積載量4.5トン 未満の車が運転できます。免許を持っていない、原付免許しか持っていない方にとって、大きく重い車を運転するための制度的なハードルが低くなりました。

メリット2:18歳で取得できる
準中型免許は、18歳であれば取得できます。これまでの制度で考えると、普通免許で許容されている車よりも大きく重い車を運転するためには、中型免許の取得が必要でした。 中型免許の取得には、普通免許の取得から2年以上必要となりますので、最短でも取得できるのは20歳です。それに比べて準中型免許は18歳以上なら、普通免許を持っていなくても取得できます。 中型免許とまではいきませんが、従来の普通免許で許容されているものよりも大きく重い車を18歳で乗れるようになりました。

メリット3:仕事の幅が広がる
従来の普通免許で運転できる宅配車や配送車も、保冷設備などを乗せることによって車両総重量が5トンを超えることが多くなりました。 つまり、中型免許を持っていなければ配達車や配送車は運転できなくなりつつあったのです。しかし、準中型免許の新設によって18歳でも運転できる車の幅が広がり、就職の幅が広がりました。 就職であってもアルバイトであっても許容の範囲内であれば、宅配や配送、資材運送、高所作業を使う仕事に就けるようになったのです。

準中型免許を取得するための6つの条件

準中型免許は、普通免許などを持っていなくても取得ができます。しかし、取得には他の免許と同様にいくつかの条件があります。ここでは、準中型免許を取得するのに必要となる6つの条件をご紹介します。

年齢      :修了検定時に満18歳であること
視力      :両目0.8以上、かつ一眼0.5以上あること(眼鏡・コンタクトレンズ使用可)
色彩識別   :赤色、青色、黄色の識別ができること
深視力     :三桿法(さんかんほう)の検査3回したものの平均誤差が2cm以内
※三桿法(さんかんほう)の検査とは奥行知覚の能力を測定するものです。
聴力       :10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること(補聴器使用可)
運動能力    :自動車の安全な運転に支障を及ぼすおそれがないと認められること

準中型免許を取得できる合宿免許

準中型免許の取得をする方法としては、自動車教習所に自宅から通う方法や、運転免許センターで直接受験する方法もありますが、それ以外に、合宿免許を利用するという方法もあります。 合宿免許なら、通学より費用も安く、短い期間で免許の取得が可能です。さらに、場所や状況によっては観光もできたり友達ができたりするという特徴があります。 当社が合宿免許を扱っているという状況を抜きにしても、迷わず合宿免許をおすすめします。ただ、1つ注意すべきは教習期間です。 一定の教習期間が必要となりますので、就職をしていてまとまった期間を休めない場合には合宿免許の利用は難しいでしょう。 とはいえ、長期休暇に、有休をつけて、まとまった期間を設ける方法もあります。メリットの多い合宿免許ですから、ぜひともご検討ください。 準中型免許を取得できる合宿免許にご興味のある方はこちらの「準中型免許を取得できる合宿免許」をご覧ください。

準中型取得プラン<一例>
◆掛川自動車学校  https://www.gasyukumenkyo.com/kakegawa/

所持免許種類 教習料金 必要日数
なし / 原付免許所持 300,000円前後 20日間~
普通車MT所持 170,000円前後 8日間~
普通車AT所持 200,000円前後 10日間~

※お部屋は、いずれもレギュラー(相部屋)タイプとなります

PAGE TOP