道路標識

道路標識は、道路利用者が道に関する警告や規制などについて知り、安全に道路を使用するために設置されています。
標識は4種類に分かれ、進入禁止や一方通行などの交通ルールを定めた規制標識、駐車可能な場所を示すPマークなどの指示標識、踏切ありや道路工事中を教える警戒標識、地図のように地名や方面を示す案内標識があります。
道路を安全に走行するために欠かせないものなので、運転免許を取る際の学科試験でも、これを正しく覚えているかどうかが重要視されます。

た行の用語はこちら

  1. タイヤローテーション
  2. タコメーター
  3. 中型免許
  4. 適性試験
  5. 手信号
  6. 点数(交通違反)
  7. 搭乗者傷害保険
  8. 登坂車線
  9. 道路交通法
PAGE TOP