内輪差

車両がカーブを曲がる際、前輪と後輪とで描く円弧の大きさが違いますが、この大きさの差を指します。
車両は前輪よりも後輪のほうが内側を曲がるため、後輪に巻き込まれる事故が多く発生しているので、
カーブを曲がる際には後輪がより内側を走ることを考えて曲がるように気をつけなければなりません。
カーブにさしかかったらすぐにハンドルを切らず、少しカーブに入り込んでから切るなどの工夫が必要です。

な行の用語はこちら

  1. 二段階右折
  2. 任意保険
PAGE TOP