適性試験

教習所で、実技や学科教習に入る前に行われる試験で、交通法規を遵守して安全な運転ができるかどうかを調べるものです。
内容は視力検査と聴力検査、運動能力検査、運転適性検査です。
たとえば普通自動車免許を取得する場合には、両眼で0.7以上、片目でも0.3以上の視力が必要になります。
運動能力検査は体の障害の有無などをチェックするものです。
運転適性検査は、運転した場合の性格上のクセなどについて調べるものになります。

た行の用語はこちら

  1. タイヤローテーション
  2. タコメーター
  3. 中型免許
  4. 手信号
  5. 点数(交通違反)
  6. 搭乗者傷害保険
  7. 登坂車線
  8. 道路交通法
  9. 道路標識
PAGE TOP